病児保育をさせていただく際にご用意いただきたいもの

病児保育をご利用になる際は、安全にお子さまを保育させていただき、様々な状況に臨機応変に
ベビーシッターが対応できるよう、さまざまな物品のご準備を親御様にお願いしております。
なるべくご準備いただくことをお願いしており、必ず全てご準備いただきたいという趣旨ではございません。
その中で、可能な限りご準備いただくことをお願いしている物品に関してはをつけておりますので参考にしてください。

病児保育をご利用になる際は、安全にお子さまを保育させていただき、様々な状況に臨機応変にベビーシッターが対応できるよう、さまざまな物品のご準備を親御様にお願いしております。
なるべくご準備いただくことをお願いしており、必ず全てご準備いただきたいという趣旨ではございません。
その中で、可能な限りご準備いただくことをお願いしている物品に関してはをつけておりますので参考にしてください。

全病児保育共通でご準備いただきたいもの

  • 保険証・医療証・診察券
  • 体温計
  • 病院で処方された薬(最終投与時間)
  • オムツ・お尻拭き
  • オムツ捨て(ゴミ箱)
  • 着替え・タオル
  • 食事またはミルクの材料、おやつ
  • 飲料
  • お子様の体調悪化時に通院同行(外出)をする際のご自宅の鍵

下痢や嘔吐を伴う感染症の病児保育の際にご準備いただきたいもの

対象疾病:感染性胃腸炎、ノロウイルス、ロタウイルスなど
  • 保険証・医療証・診察券

発熱を伴う疾病の病児保育の際にご準備いただきたいもの

  • 熱さまシート、氷枕など

冬季の病児保育の際にご準備いただきたいもの

  • 加湿器

症状がかなり回復し、明日登園、登校できる見込みの高いお子様の病児保育の際にご準備いただきたいもの

  • 登園許可証を病児へ取りに行くことが可能です。
  • 市町村の病児保育室へ送迎することも可能です。
  • 市町村の病児保育室お迎え後、ご自宅の保育も対応しております。
  • 静養する環境の中で楽しめるお子様が好きなもの(絵本など)

ご注意いただきたいこと

  • 分かりやすい場所に置いていただけると助かります。
    特に飲料についてはスポーツドリンク、フルーツジュースなどさまざまな種類の飲料が冷蔵庫にある際はどちらをお子様に差し上げるかのご指示をマイページよりメッセージでいただくか、付箋などで貼っていただくかの工夫をしていただけますと助かります。
  • お薬は他のご家族の方と同じような場所に入れた状態で引継ぎをなさらないようにしてください。
    誤ってお父さまやお母さまが必要に応じて服用するお薬をお子様に差し上げると大きな事故になる可能性がございます。そのため、お子さまに差し上げるお薬については完全に分けてベビーシッターに分かるようにお示しくださいますようお願いいたします。